キーボード

言葉では伝えきれない情報を動画で伝えられるのがWEB会議

事故を防ぐために

案内

会社などで使う車を運転しているときに事故を起こしてしまうとその後の処理などが複雑で手間がかかります。負担を軽減するためにも車両管理をしてくれる業者に依頼するいいでしょう。運転者への意識づけを徹底することで安全は守られます。

詳しくはこちら

抑えておくといいポイント

クラウド

企業のホームページに使用する目的で制作されることの多い動画配信システム。動画配信システムを利用したい場合には、動画を制作してくれる専門の業者に依頼しましょう。使用の目的によって作る動画内容や費用は異なるので注意が必要です。

詳しくはこちら

行動から情報を汲み取る

ネットワーク

企業で取り入れられている最新のコミュニケーションツールとして注目を集めているのが、WEB会議です。WEB会議とは、今までの会議の方法とは違い、パソコンを通じて会社の役員などに向けて情報の共有ができるという優れたシステムとなっています。WEBで話し合いができることで、人を収集する手間も省けて時間も労力の負担も軽減することができます。WEB会議では情報をデータ化したものを企画にかかわる全ての人に向けて一斉に配信することが可能です。そのため、一人一人に情報を伝達する手間もなくスピーディーでかつ効率よく会議ができるというわけなのです。文字を通して内容を確認することで正確な情報をインプットすることができて間違いも少なくなるでしょう。WEB会議は近年、欧米から伝わってきた新しいコミュニケーションツールです。日本では最近まであまり普及していませんでしたが、技術の進化に伴い広まってきているのです。企業でもこのWEB会議を取り入れているところも増えてきているのが現状です。

WEB会議で主に共有されるものが資料をデータ化したものですが、それ以外にもビジュアルコミュニケーションといって画面で映像を通して情報伝達を行うこともあります。この方法は、文章で相手と話しをを行うのではなく、相手の顔を見ながら表情や体の動きからをコミュニケーションを図る方法になります。文章ではなく人の表情やジェスチャーを通じて気持ちを汲み取り、会話を行うため別名非言語コミュニケーションと言われており、目で伝わることから情報を把握していくものです。WEB会議の65%はこの方法で行われているのが特徴になっています。人間は言葉で伝えられることはほんの30%程度であると言われています。残りの65%は行動から発信されていると言われているので、ビジュアルから感じ取れる情報は大変大きいのです。WEB会議で情報の伝達をすることで、言葉からでは感じ取ることのできない本質の部分を人の行動や表情から感じとることができるというわけなのです。そういったメリットのほか、WEB会議を利用すると相手と同じタイミングで資料を確認できるというところも利点となっています。メールなどで情報を配信すると相手がちゃんと資料に目を通しているか、重要な部分を見てくれているかなどを確認することができません。しかし、ビジュアルコミュニケーションで一斉に資料に目を通していけることで、相手に伝えたい重要なポイントを説明しながら一緒に読んでいけますので、伝達漏れもなくなり非常に便利であるといえます。WEB会議でこのように視覚を通じて情報の発信ができるシステムというのが今企業の間で話題となっているのです。

最新の情報伝達ツール

会議

今様々な企業で注目されているのが、WEB会議というコミュニケーションツールです。WEB会議は今までの会議のスタイルとは違い、PCを通じていろんな人に情報を伝達していける優れたツールなのです。

詳しくはこちら